「コミュニティ支援」からみえるもの

みなさんこんにちは。元ふたさぽの安谷屋です。

梅雨時期、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

今日は普段「コミュニティ支援」という仕事をしながら思うことを綴ってみたいと思います。

コミュニティ支援をしていると、私自身の家族、とくに亡くなった二人の祖母のことをよく考えます。

それは町民のみなさんが私たちにいろいろなお話をしてくださるからです。

娘時代たのしみにしていたこと、お嫁に行った先の苦労、お嫁さんがよくしてくれることへの感謝などなど。

笑ったりときには涙を流したりしながらのお話しを聞きながら、こんな風にゆっくり詳しく、祖母に話を聞いたことはなかったなと、少しさびしく申し訳ない気持ちになることがあります。


父方の祖母は沖縄県宮古島で
95歳まで生きましたが、神奈川県に住んでいた私が祖母と一緒に過ごすことができた時間はわずかでした。

昭和2年生まれの母方の祖母は概ね神奈川県内で暮らし、3年ほど前に亡くなりました。父方の祖母よりは近くに住んでいたので、もっともっと会いに行くことはできたはずでしたが、年齢が上がるに連れ訪ねることは減っていました。

2人ともに娘時代があり、結婚し子どもを産み、配偶者を看取り、また戦争も経験しています。どのように暮らし、何に喜び、何に苦労したのか…

 

双葉町のみなさんから、「双葉にいたときはね」と、日々の暮らしについて聞いたり、家族のお話を聞いたりする中で、コミュニティとか家族とか、私たちが大切に思っているものについて考えるようになり、「どうして私は祖母たちからもっと話を聞いておかなかったんだろう」と思うようになったのです。

これまでもブログに書いたことがありますが、「コミュニティ支援」と言いながら、やっぱり私自身が双葉のみなさんに「支援」されています。暮らしや家族の大切なものが何なのか、いつも双葉町のみなさんからヒントをいただいたり教えていただいたりしています。その感謝を胸に、少しくらいは恩返しができるよう仕事していきます!引き続きよろしくお願いいたします。

Photo_17-06-22-16-22-17.231
お話しを聞かせてくださるみなさんは、背中も語ります!

(元ふたさぽ 安谷屋貴子)