【大変お世話になりました!~ふたさぽ卒業のご挨拶~】

平成28年度最終日の今日は、本日をもってふたさぽを卒業する3人のメンバーからご挨拶申し上げます。


 

◎山下真央【平成28年4月活動開始・いわき事務所・広報担当】
みなさんこんにちは。ふたさぽ山下です。
この度、ふたさぽを卒業するすることになりましたので、この場を借りてご挨拶させていただきます。

私は広報担当として、主にコミュニティ紙「ふたばのわ」やブログふたばのわでの情報発信業務に携わらせていただきました。
振り返ってみると、各地で生活する双葉町のみなさんのもとへ取材をする日が多かったなと思います。1年という短い間でしたが、多くの町民のみなさんと出会い、お話を聞くことができました。

前職が営業職だった私は、広報のノウハウなど全くわかりませんでした。
そのため活動当初は不慣れな部分が多く、取材の際に迷惑をかけてしまったこともあったと思います。
それでも、双葉町のみなさんは温かく迎えていただき、双葉町のことを何も知らなかった私にいろいろなことを教えてい

imgp0958
取材中の一コマ

ただきました。
「真央ちゃん、真央ちゃん」と親しみを込めて呼んでいただき、自分の息子や孫のように接していただきました。
そんな温かくやさしい双葉町のみなさんに囲まれて、私はとても幸せでした。そして、双葉町に携わることができよかったと思います。

来月からは福島を離れ、別の地域で働くことになりましたが、これからもずっと双葉町のことを応援し続けます。
みなさん、本当にありがとうございました。

◎小幡雅彦【平成25年9月活動開始・郡山事務所・コミュニティ担当→広報担当】
双葉町復興支援員(ふたさぽ)として活動を始めて、3年7カ月になりました。活動当初は、どういった活動が必要なのか、またどんな活動ができそうなのかなどを検討するために、まずは町について知ることが必要でした。そのため、町民や役場のみなさんから双葉町内のことや現状の暮らしなど、たくさんのお話しをしていただいたことを思い出します。

振り返ると、復興支援員として活動をしてきましたが、支援してきたというより、いつも町民や町役場のみなさんのサポートを受けてきたように感じます。私を含め、メンバーの多くが他県出身者なこともあって、みなさんは丁寧にふるさと双葉町について説明いただくことも多く、今では生まれ育った大阪よりも、双葉町のことの方が分かるかもしれないと思えるぐらい

小幡①
実は動植物好きな小幡

です。10数年前に二本松市に約3年半住んだ経験があり、その時に福島県が好きになっていました。それに加え、ふたさぽとしての活動期間中にお会いした多くのみなさんの優しさに触れたことで、双葉町が好きになり、これまで以上に福島県が好きになりました。

4月から新たな道に進みますが、福島県内で生活しますので、今後もみなさんにお会いする機会があると思います。その際には、これまで同様、自然なおしゃべりができればと思っています。

町民のみなさんにとっては、まだまだ厳しい環境ですが、今後取り巻く環境が着実に進展し、みなさんの笑顔が増えることをお祈りいたします。

本当にありがとうございました。

◎安谷屋貴子【平成25年12月活動開始・郡山事務所→いわき事務所・コミュニティ担当→総括担当】
「日本で一番理不尽な思いをしている人たちのために、やれることは何でもやって来い」という、高校時代の恩師の言葉を携えて、ふたさぽとしての活動を開始しました。
でも、小幡も書いていますが、一体何をすれば良いのかわからず、「復興支援員って何すんだ?」という町民のみなさんからの質問に答えられないスタートで、戸惑うことが多かったように思います。
活動計画を立てたり、双葉町や町民コミュニティの情報を収集したり、実際に町民のみなさんに会いに行ったりするうちに、何となくですが、私たちにできることが見えてきて、それができたときの町民のみなさんの笑顔が浮かぶようになってきました。

DSC_1117
中学生にふたさぽの仕事を説明!

同時に、双葉町が大好きになりました。町民のみなさんが、震災前にどんな暮らしをどんな人たちとしていて、どんな風に時間を使っていたのかを伺うたびに、震災前の双葉町に行ってみたくてたまらなくなります。
たまたま先日、ふくしまFMの『coconimoふくしま』という番組で、ふたさぽのコミュニティ支援についてお話する機会をいただきました。活動開始当初お答えできなかった「復興支援員って何すんだ?」へのお答えの代わりになるかどうかわかりませんが、お時間がありましたら聴いてみてください。
ふくしまFM『coconimoふくしま』(2月20日放送分
任期中、たくさんのみなさんにご心配、ご迷惑をおかけし、それでもご理解、ご協力をいただいたことで、ここまで活動を続けることができました。大変ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

ふたさぽ 山下真央、小幡雅彦、安谷屋貴子

ふたさぽ送別会写真
送別会での1枚。本社RCFのスタッフも。お世話になりました!!
広告

【写真のおもしろさ】

こんにちは。ふたさぽ山下です。

今回は「写真」について書いてみようと思います。

昨年の4月に広報担当として活動を開始した私ですが、最初に苦労したのが写真撮影でした。
もともと、写真を撮ることは好きだったのですが、趣味と仕事は別。

月に1度発行しているコミュニティ紙「ふたばのわ」やブログふたばのわに掲載する写真を限られた取材時間の中で撮影しなければなりません。
また、記事の内容によって求められる写真が変わってきます。町民のみなさんの笑顔や楽しそうな様子の写真のときもあれば、真剣な表情の写真が必要な場合もあります。

活動当初は、そういったこともわからず無我夢中で撮りまくっていました。(反省)
しかし、経験を重ねるうちに

・記事のイメージからどのような写真が必要か

・写真でどのような印象を与えたいか

・どのような場面で、どんな人(物)を何名(何点)撮影するか

・そのような写真を撮影できる場所はどこか

などを取材前から考え、実行できるようになってきたと感じています。
この仕事をはじめてまだ1年ですが、撮影がうまくいくかどうかは事前準備が大切ということを学ぶことができました。そして、自分でいろいろ考え、試行錯誤しながら撮影することで写真のおもしろさが少しずつわかってきました。

13071865_594714074028067_8983823769448202524_o
昨年春に撮影した桜の写真(いわき市)

写真は、自分の見ていたものを『形』として残せます。記憶に残すよりも、より鮮明に残すことができます。

また、撮るときに感じた『気持ち』も、写真を見たときによみがえってきます。

これまでに制作した「ふたばのわ」を読み返していますが、1枚1枚の写真からそのときの情景や気持ちが思い出されます。

それぞれの人、風景、出来事の『一瞬』を切り取り、永遠のものにできるおもしろさ。

写真って奥が深いなぁと思います。

もし、春から何か新しいことを始めてみようと考えているみなさん、写真を趣味の一つに加えてみませんか。

ふたさぽ 山下真央

【方言ってなんだっぺ】

こんにちは!ふたさぽ山下です。

今回は「方言」について書きたいと思います。

愛知県出身の私は、昨年4月にふたさぽとしての活動を開始するため福島県いわき市に移り住んだのですが、そこで衝撃を受けたのが福島県の方言でした。

初めての取材で町民のみなさんが集まるイベントに行った際、そこでの会話を聞いていましたが、言葉やイントネーションが私にとっては強烈で、話の内容をほとんど理解できませんでした。
活動を重ねるにつれ、少しずつ話の内容がわかるようになってきましたが、現在もたまに聞き返してしまうことがあります。

今回はそんな福島県の方言について、町民のみなさんに聞いてみました!

「福島弁でも、浜通り・中通り・会津で全然言葉が違うんだよ」
「浜通りでも、相馬といわきでは、また変わってくるなぁ」

福島県内で言葉が違うことは、テレビなどで聞いたことがありましたが、浜通りの中でも違うということは初耳でした。
例えば、双葉町のみなさんからもよく聞かれる「そうだべぇ」。南に行けば「そうだっぺ」になるそうです。
また、女性が自分のことを「おれ」「おら」と呼んだり、あなたという意味で「わ」という言葉を使ったり、『もう、既に』を「は~」、『疲れた』を「こわい」など、今まで知らなかった話を聞くことができ、また一つ福島県や双葉町についての理解を深めることができました。

そして話を聞く中で、印象に残った言葉があります。
それは「生まれ育った地域の言葉を気兼ねなく話せることが嬉しい」ということ。
そう話してくれた方は、震災後1年間福島県外で過ごした経験があり、現地の方と話すときに言葉に気をつかって話していたそうです。

確かに、私も先日帰省した際、小中学校時代の友人たちと会いましたが、幼い頃から聞き慣れた方言がなんだかとても心地よく感じました。(知多弁というやつです)
生まれ育った地域の言葉を話したり、聞いたりするとホッとするのはみんな同じなのかもしれません。

はじめは、ただ福島の方言について知りたくて、町民のみなさんからお話を聞きましたが、加えて『生まれ育った地域の大切さ』に気付くことができました。
このブログをご覧になっているみなさんも、生まれ育った地域の言葉や方言について、周りの方とお話してみてはいかがでしょうか。

ふたさぽ 山下真央

【夢中になれるって素晴らしい】

こんにちは!ふたさぽ山下です。

突然ですが、みなさんは夢中になれるものってありますか?
スポーツ、音楽、読書など・・・時間を忘れるくらい夢中になれることがあると楽しいですよね。

先日、楢葉町で復興支援などを目的として行われた野球教室「がんばっぺ!! 輝け 未来の子どもたち」を取材しました。
相双地区を中心とする小学生約150人が集まったこのイベント。双葉町出身の野球少年も参加し、東京ヤクルトスワローズの山田哲人選手、小川泰弘選手、菊沢竜佑選手、杉村繁コーチに打撃や守備を教わっていました。


「野球ができることに感謝して、嫌なことは忘れて楽しみましょう!」
子どもたちを前にして、杉村コーチが話した言葉。
指導を受ける子どもたちの表情はキラキラと輝いていて、当たり前のように「好きな野球」ができるのは、とても幸せなことなんだと感じました。

かく言う私も、子どもの頃からずっと野球をしていました。
周りが引くほど下手で、監督・コーチからも怒られ、一度もレギュラーになれず、ホームランも1本も打てませんでしたが、練習だけは休まず真面目に通っていた記憶があります。
よくあそこまで練習していたな・・・と大人になった今でも思いますが、それだけ野球が好きだったんだと勝手に結論づけています。

「今日楽しかった?」
「楽しかったー!」

「野球好き?」
「好きー!」

野球教室終了後、子どもたちにありきたりな質問をぶつけましたが、こちらが驚くくらいの元気な声で返してくれました。

野球に限らず、自分の好きなものや、夢中になれるものがあるということは、人生にとって大切なことだと考えています。
震災後、それらを諦めざるを得なかった子どもたちもいると思いますが、何か一つでもまた見つけて、いつまでも続けてほしい。
好きなことをしていると、嫌なことや辛いことも忘れることができ、大人になったときの良い思い出の一つになるからです。(私自身がそうでした)

子どもたちの元気いっぱいの姿を見て、そんなことを思いました。

ふたさぽ 山下真央

【ふるさとを心の中に~双葉町立学校~】

こんにちは!ふたさぽ山下です。
11月に入り、寒さが日に日に厳しくなってきたように感じます。体調を崩さないよう気をつけていきたいですね。

今回は、いわき市の「双葉町立小・中学校(以下、町立学校)」をテーマにブログを書きたいと思います。先月は町立学校への取材が多く、授業風景や給食、昼休み、自然体験学習など普段の学校生活以外に課外活動の様子も取材させていただきました。

町立学校は小学校の児童数が20人、中学校の生徒数が12人と人数は多くありません。しかし、いざ校舎の中に入り、授業の様子などを見させてもらうと笑顔いっぱいの児童・生徒や先生の姿がありました。
また、児童・生徒と先生が一緒に机を並べて給食を食べたり、昼休みに一緒にドッジボールやバドミントンで遊んだりする光景は、子どもの頃そのような経験が少なかった私には、とても新鮮に見えました。

そして、特に印象に残ったのが双葉町に関する授業です。
ダルマ提灯の絵付け授業のとき、絵のテーマが「自分の中にある双葉町」というものでした。そのテーマに沿って「なんだろう?」と隣同士で話しながら、考えながら、提灯にふたばダルマやマリンハウス、清戸廹横穴を描く児童・生徒のみなさん。(先生方も描いていました)
このような授業を児童・生徒、先生が一緒になって考えることで、ふるさとから離れて暮らしていても、心のどこかに『双葉町出身』という気持ちを抱き続けることができるのかなと感じました。

私が小学生や中学生だった頃、ふるさとの大切さをそこまで意識したり、考えたりしないまま過ごしてきました。それは当時、「ふるさとから離れて暮らす」という状況が自分の頭の中になかったからだと思います。
だからなのか、授業の中で「ふるさと」について考える機会がある児童・生徒のみなさんを羨ましく感じたのと同時に、双葉町の伝統や文化を触れる機会を作る工夫をしている先生方に対し、尊敬の念を抱きました。

取材を通じてたくさんの笑顔を見せてくれた児童・生徒のみなさんには、「ふるさと」を心の中に置いて、自分らしく伸び伸びと育っていってほしいと思います。

ふたさぽ 山下真央