【大変お世話になりました!~ふたさぽ卒業のご挨拶~】

平成28年度最終日の今日は、本日をもってふたさぽを卒業する3人のメンバーからご挨拶申し上げます。


 

◎山下真央【平成28年4月活動開始・いわき事務所・広報担当】
みなさんこんにちは。ふたさぽ山下です。
この度、ふたさぽを卒業するすることになりましたので、この場を借りてご挨拶させていただきます。

私は広報担当として、主にコミュニティ紙「ふたばのわ」やブログふたばのわでの情報発信業務に携わらせていただきました。
振り返ってみると、各地で生活する双葉町のみなさんのもとへ取材をする日が多かったなと思います。1年という短い間でしたが、多くの町民のみなさんと出会い、お話を聞くことができました。

前職が営業職だった私は、広報のノウハウなど全くわかりませんでした。
そのため活動当初は不慣れな部分が多く、取材の際に迷惑をかけてしまったこともあったと思います。
それでも、双葉町のみなさんは温かく迎えていただき、双葉町のことを何も知らなかった私にいろいろなことを教えてい

imgp0958
取材中の一コマ

ただきました。
「真央ちゃん、真央ちゃん」と親しみを込めて呼んでいただき、自分の息子や孫のように接していただきました。
そんな温かくやさしい双葉町のみなさんに囲まれて、私はとても幸せでした。そして、双葉町に携わることができよかったと思います。

来月からは福島を離れ、別の地域で働くことになりましたが、これからもずっと双葉町のことを応援し続けます。
みなさん、本当にありがとうございました。

◎小幡雅彦【平成25年9月活動開始・郡山事務所・コミュニティ担当→広報担当】
双葉町復興支援員(ふたさぽ)として活動を始めて、3年7カ月になりました。活動当初は、どういった活動が必要なのか、またどんな活動ができそうなのかなどを検討するために、まずは町について知ることが必要でした。そのため、町民や役場のみなさんから双葉町内のことや現状の暮らしなど、たくさんのお話しをしていただいたことを思い出します。

振り返ると、復興支援員として活動をしてきましたが、支援してきたというより、いつも町民や町役場のみなさんのサポートを受けてきたように感じます。私を含め、メンバーの多くが他県出身者なこともあって、みなさんは丁寧にふるさと双葉町について説明いただくことも多く、今では生まれ育った大阪よりも、双葉町のことの方が分かるかもしれないと思えるぐらい

小幡①
実は動植物好きな小幡

です。10数年前に二本松市に約3年半住んだ経験があり、その時に福島県が好きになっていました。それに加え、ふたさぽとしての活動期間中にお会いした多くのみなさんの優しさに触れたことで、双葉町が好きになり、これまで以上に福島県が好きになりました。

4月から新たな道に進みますが、福島県内で生活しますので、今後もみなさんにお会いする機会があると思います。その際には、これまで同様、自然なおしゃべりができればと思っています。

町民のみなさんにとっては、まだまだ厳しい環境ですが、今後取り巻く環境が着実に進展し、みなさんの笑顔が増えることをお祈りいたします。

本当にありがとうございました。

◎安谷屋貴子【平成25年12月活動開始・郡山事務所→いわき事務所・コミュニティ担当→総括担当】
「日本で一番理不尽な思いをしている人たちのために、やれることは何でもやって来い」という、高校時代の恩師の言葉を携えて、ふたさぽとしての活動を開始しました。
でも、小幡も書いていますが、一体何をすれば良いのかわからず、「復興支援員って何すんだ?」という町民のみなさんからの質問に答えられないスタートで、戸惑うことが多かったように思います。
活動計画を立てたり、双葉町や町民コミュニティの情報を収集したり、実際に町民のみなさんに会いに行ったりするうちに、何となくですが、私たちにできることが見えてきて、それができたときの町民のみなさんの笑顔が浮かぶようになってきました。

DSC_1117
中学生にふたさぽの仕事を説明!

同時に、双葉町が大好きになりました。町民のみなさんが、震災前にどんな暮らしをどんな人たちとしていて、どんな風に時間を使っていたのかを伺うたびに、震災前の双葉町に行ってみたくてたまらなくなります。
たまたま先日、ふくしまFMの『coconimoふくしま』という番組で、ふたさぽのコミュニティ支援についてお話する機会をいただきました。活動開始当初お答えできなかった「復興支援員って何すんだ?」へのお答えの代わりになるかどうかわかりませんが、お時間がありましたら聴いてみてください。
ふくしまFM『coconimoふくしま』(2月20日放送分
任期中、たくさんのみなさんにご心配、ご迷惑をおかけし、それでもご理解、ご協力をいただいたことで、ここまで活動を続けることができました。大変ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

ふたさぽ 山下真央、小幡雅彦、安谷屋貴子

ふたさぽ送別会写真
送別会での1枚。本社RCFのスタッフも。お世話になりました!!

【おじさん支援員の独り言 パート2】

こんにちは!ふたさぽ小幡です。

以前投稿したブログの第2弾として、今回はパソコン、タブレットの取扱いなど、ICT(情報通信技術)について、ぼやこうと思います。

私は前職が自営でしたので、仕事柄最低限の「word(ワード)」や「excel(エクセル)」、またブログやフェイスブックの投稿など、パソコン利用はしていました。しかし、生来機械いじりが苦手なため、それ以上のことがしたいとは思いませんでした。

dsc04190

たぶん、私世代(50歳代)以上の方なら、思わず「そうそう」と多くの方に同意いただけるかと思います。はっきり言って、パソコンやタブレットなどの取扱いに困っています。私以外のふたさぽメンバーは若く、ひょいひょいとパソコンなどを使いこなし、私だけがあたふたしています。

遡ること3年数か月前、配属先である一般社団法人RCF(双葉町復興支援事業受託団体)との着任前打合せで、「Dropbox(ドロップボックス)」「Hangouts(ハングアウト)」「GmailGメール)」など、私にはちんぷんかんぷんの言葉が矢のように飛んできたため、放心状態になったことが思い出されます。 1か月もすると前述の言葉の意味や利用方法も少しずつ分かってきましたが。

ところが、どうでしょう。着任して数か月が過ぎ、やっと慣れてきた頃に、これまで使っていた「ドロップボックス」や「Gメール」などに加え、他社のシステムも並行利用することになり、もはやパニック。やっと使えるようになったシステムだけでも、お腹いっぱいの状態なのに、また新たに覚えなくてはならないなんて、「どういうこと?」と思いました。たぶんRCF全体でも2つのシステムを利用している部署はふたさぽだけで、なんで我々なのと恨み言のオンパレードでした。

それでも、何とか若いメンバーに助けてもらいながら、最低限の利用はできるようになりました。しかし、その後も次々と新たな試練があり、書類作成や申請など、ほとんど全てがパソコンなしにはできない事態となり、今では書いて出すものはほとんどありません。若いメンバーからすると、便利になり当然といった反応ですが、私からすると、ゴールのないマラソンのような思いで、愕然とすることがたびたびです。

しかし、人間は慣れる動物なのか、学ぶ動物なのか、幾度となく繰り返されるシステム変更、追加にも、拙いながらもなんとか対応をしてきました。そう考えると、低いレベルながらも、この経験は今後も活かせそうです。

今、町から貸与されたタブレットに悪戦苦闘したり、一念発起してパソコンを買ったけど使えない中高年のみなさん、「継続は力なり」です。少なくとも、センスがない私よりは使えるようになると思います。ただ、私にはふたさぽメンバーがいるように、みなさんには友だちや子・孫のサポートが必要かもしれませんね。ぜひ身近な人に習ってみてください。 

お互い頑張りましょう!

ふたさぽ 小幡

【秋といえば、これですね!~第3回双葉町民作品展覧会~】

こんにちは!ふたさぽ小幡(おばた)です。

朝晩はすっかり秋の気配になってきました。秋といえば「スポーツの秋」「食欲の秋」と共に、「芸術の秋」と言われます。10月下旬には双葉町でも震災後、3回目を迎える双葉町民作品展覧会(以下、作品展)が開催されます。

※この動画は、YouTube双葉町公式チャンネルにて公開しています。

以前に投稿したブログでも紹介しましたが、この作品展は町民のみなさんの声が形になったイベントです。第1回、第2回とも、2会場で約200名の町民のみなさんが出品し、たいへん華やかなものとなりました。私自身も2回のサポートをしてみて、出品者や来場者から多くの声を聞きました。

「出品するため、数か月かけて作品を作った。」
「(双葉町体育館といわき会場の雰囲気が似ていたため、)ダルマ市の時の美術展を思い出した。」
「作品展に来れば、双葉の人と会えると思った。会えてうれしかった。」
「作品を作るのに張り合いが出た。来年も出したい。」

また、開催会場の地元のみなさんからも、

「双葉町のつるし雛が展示されると華やかになる。」
「双葉町の人の作品は心に響くものがある。」
「双葉町のみなさんと来年もいっしょにやりたい。」

などの声が聞かれました。

ただ、作品展への出品を楽しみにしているからこそ、昨年出品されたみなさんの中には、「一人1作品では少ないので、出品できる数を増やしてほしい」との要望が少なくありませんでした。その声を受け、今年は「一人2作品」の出品が可能となりました。今回の出品要件の変更で、これまで以上に作品制作に張り合いが出る出品者も増えるのではないかと、今から楽しみです。

今後も工夫を重ね、5回、10回と継続開催することで、以前ダルマ市と同日に双葉町体育館で開催されていた美術展に少しでも近づけるようにしたいですね。

たくさんのみなさんの出品とご来場をお待ちしています!

《第3回双葉町民作品展覧会》
開催時間・場所
〈郡山会場〉 郡山市ビッグアイ6階 展示室
(第29回双葉町総合美術展会場となり)
10月25日(火) 13:00~17:00
10月26日(水) 10:00~15:00
〈いわき会場〉いわき市立勿来体育館 双葉町スペース
(第46回勿来地区総合文化展会場内)
10月29日(土) 9:30~16:30
10月30日(日) 9:30~15:30

ふたさぽ 小幡

 

【やっぱりすごい!~双葉町あるある~】

こんにちは!ふたさぽ小幡(おばた)です。

普段、ふたさぽの活動として、町民のみなさんと話をしたり、イベントに参加したりする中で、「これはすごい」と感じることがあります。その中で、活動当初から変わらず驚くことがありますので、書きたいと思います。

町民のみなさんとの会話の中で、どなたかの名前が出たり、動画や写真などを一緒に見た時に、映っている町民のみなさんの顔を見ると、「どこどこの○○さん」や「△△さんの息子さん、娘さん」などと、すぐにどこの誰なのかがわかるのです。それは見事なもので、例えば、双葉町民が10名集まれば、その10名で町民全ての名前が分かるのではないかと思うぐらいです。

IMGP0041

確かに双葉町は人口約7,000人で、面積的にもあまり大きくはありませんが、大阪で生まれ育ち、埼玉での生活が長かった私にとっては、隣の人でさえ、名前や顔すら分からないことがありましたので、信じられないことです。まもなく、活動を始めて3年になりますが、未だに驚かされますし、感心もさせられます。

それだけ町民同士のつながりが強く、町が一つの家族のようなものだったのかもしれません。

今回、1つの例を挙げましたが、今後も活動の中で、「これはすごい」と思うものがあれば、ときどき当ブログで紹介したいと思います。

ふたさぽ 小幡

 

 

【まずは気楽にイベント参加】

こんにちは、ふたさぽ小幡(おばた)です。

私は普段の活動でお会いする町民の世代よりは少し若いのですが、とはいっても50歳代の半ばにも近づき、十分におじさん世代です。だからこそ、中高年男性の動向や孤立化が気になります。私自身が参加や取材をしたイベントでも、女性に比べて男性の姿が少ないケースがよくありました。そのため、「初めて会うな」と思う男性を見かけた時に、イベントの参加について聞いてみると、

「興味が持てる内容のものが少ない、女性向きの集まりが多い」
「もともと(町民の)集まりに行かない」
「どんなイベントがあるのかを知らない」
「実施場所までの足がない」

などの意見が聞かれました。

先日、南相馬市内で、南相馬市、相馬市、新地町在住の町民男性9名が参加し、男の料理教室が行われました。今回参加されたみなさんは、これまでもイベントでふたさぽメンバーと顔を合わせたことがある方がほとんどでした。今回の参加者に限らず、多くのイベントに顔を出している方は、どんなイベントに参加しても楽しむことができる方ではないかと思うほどです。

料理教室の様子
料理教室の様子

どちらかというと私自身が本来興味や関心がないことにはあまり目が向かない方なのですが、ふたさぽとして活動を始めてからはさまざまなイベントに出向くようになりました。例えば、社協のみなさんによる健康サロンや自治会イベントなどに参加してみて、考えが少し変わったと感じています。参加すれば、やはり楽しいし気分転換にもなり、人とのつながりを感じられます。もしかすれば、これまでが「食わず嫌い」と同じだったのかもしれません。

今後も男性が興味を持てる企画を考えると共に、私自身がイベントに出向き、参加することの楽しさや懐かしい顔にも会えることを伝え、まずは気楽にイベントに参加することを地道に勧めてみようとも思います。また、当ブログや町のブログなどでもその様子を伝え、イベントに参加してみようかなと思う方を一人でも二人でも増やせるようにしたいと思います。

ふたさぽ 小幡