【ふたさぽコミュニティチーム記念日~5年目に入りました】

みなさん、8月12日が何の日かご存知でしょうか?

4年前の今日、ふたさぽコミュニティチームが活動を開始したので、いわゆる「ふたさぽコミュニティチーム記念日」です。

昨年は山根光保子が3つのキーワード「★走りながら考える」「★テレビ会議」「★町民の声」とともに活動を振り返りました(2016年8月18日の日記)。

今年は安谷屋が、ふたさぽコミュニティチームの人数変遷とともに振り返ってみたいと思います。

 

▶ふたさぽコミュニティチームの人数変遷一覧 (広報ふたば紹介文は①~⑩の数字をクリックするとご覧になれます)

年月

参画

卒業

人数

広報ふたば

紹介文掲載号

出来事

2013年8月

小林、芳門

2

10月号 

いわきと郡山で

活動開始

2013年9月

小幡、

山根光保子

4

10/11月号 

2013年11月

田村

5

12月号 

ふたばのわ 

第1号創刊 

2013年12月

安谷屋

6

1月号 

2014年3月

田村

5

2014年4月

飯嶋

6

5月号 

加須拠点誕生

2014年5月

小野

7

6月号 

2014年8月

西田

8

9月号 

2014年9月

山根麻衣子

9

10月号 

2015年1月

秋元

10

2月号 

2015年3月

西田

9

2016年3月

小林、小野、

山根麻衣子

6

2016年4月

鈴木、山下

8

5月号 

2017年3月

小幡、山下、安谷屋※1

5

郡山拠点での

活動終了

※1 ふたさぽは卒業しましたが、2017年4月以降も双葉町復興支援員事業に携わっています 

※2 山根光保子、鈴木が育児休業中のため、実働は3人です 

 

こうして一覧にしてみると感慨深いものがあります。参画時に広報ふたばに掲載された記事を久しぶりに見直すと、文章や写真の表情から参画に当たっての意気込みが改めて伝わってきます。一覧に記載した「出来事」以外でも、町の事業として、町民交流施設が郡山、加須、いわきに開設されたこと、タブレット事業がスタートしたことなどがあり、いろいろ思い出します。

これまで、町民のみなさんには、ヒアリングや取材に行った先で少しずつ、私たちの活動を知っていただいたり、何が必要かを考えるヒントをいただいたりしてきました。そのような日々の中、時には厳しいご意見もいただきますが、いつも温かく自分の子どもや孫のように心配してくださったり、貴重なお話を聞かせてくださったりすることが、とてもありがたく私たちの活動のエネルギーになっています。

2017年8月13日から、ふたさぽコミュニティチームの活動は4年目に入りました。私たちはこれからもきっと毎日、新しい双葉を発見しその度にまた双葉を好きになりながら、活動を続けていきます。

元ふたさぽ 安谷屋貴子

 

ふたさぽロゴマーク

広告