【浜の思い出、教えてください!】

みなさんこんにちは。ふたさぽ芳門です。

もう10月…今年もあと3か月をきりました。
そのことに気づいて驚いた10月1日(日)、若者グループ「ぐるぐるユニット」として、東京で開催された「避難者と支援者による第3回ふれあいフェスティバル」に参加してきました。

今年の双葉町ダルマ市でもよっちゃんスルメを販売し、双葉町のみなさんにお会いしたぐるぐるユニットですが、現在作成中なのがこちら↓

22243480_2072266956335523_1207166914_o

その名も「おらだちの浜っぷ」です。

浪江町、双葉町、大熊町、富岡町の4町を、町民みなさんの思い出とイラストでいっぱいにしよう!と始まった地図づくり。
イラストを描いてくれるのは、大熊町・双葉町出身のイラストレーターさん2人。

そして、そこに思い出を加えてくれるのは、会場に来てくれたみなさん!

「おらいのうちはこのへんだ!」
「海でアイナメを釣った」
「幼稚園で花笠音頭を踊った」など

その方が小さいときのことや、子育てをしていたときのこと、仕事をサボったときのことなど様々で、イラストも、思い出もカラフル。

22215300_2072266966335522_675070694_n
伺った思い出は、付箋に書いてマップに貼っていきます

そして今回は、とみおか子ども未来ネットワークが行う聞き書き事業「おせっぺとみおか」に参加するメンバーのみなさんにも協力してもらい、ぐるぐるユニットメンバーを含め、若者の力を全投入で取り組みました!ありがとうございました!

参加メンバーからは、

「ブースに来てくれた方が、思い出話に盛り上がってくれる姿をみて、ほっこりした」
「知らない人と話すのは苦手だけど、こうゆう場に来れて、同じ町の人と話すことができて良かった」
「双葉の話を気兼ねなくできる場が無いので、参加できて本当にうれしかった」
「なかなか同世代で町のことを話す機会がないので、はるばる来て良かった(兵庫県から!)」

などの声があり、今はなかなか機会の無い、「ふるさとを誰かと語ること」を、若者と、会場のみなさんと、することができました。

 

そして、この「おらだちの浜っぷ」作成にあたって参考に致しました「仙台沿岸イラストマップ」を作成しているせんだい3.11メモリアル交流館さん、
イラスト資料を、快く提供をしていただいた浪江町、双葉町、大熊町、富岡町の役場の方々、
本当にありがとうございます。

今後、この「おらだちの浜っぷ」はまだまだ、みなさんの町の思い出を集めるべく、お祭りなどのイベントへの参加を予定しています。
見かけた際は、是非、お話聞かせてください。

22215322_2072266969668855_1250776228_n
ぐるぐるユニット代表!

ふたさぽ 芳門(よしかど)

広告

『双葉の記憶』はなんですか?

みなさんこんにちは。ふたさぽ芳門です。

先日、宮城県仙台市にあるせんだい3.11メモリアル交流館に行ってきました。

IMG_3352

ここは東日本大震災を知り、学ぶための施設です。震災発生から住民がどのように避難し、生活を立て直してきたか、そのときの様子や教訓となる展示がされていました。

 

そして、もうひとつの役割がこの施設にはありました。
津波に流されてしまった仙台市沿岸地域の、震災より前から続いてきた暮らしの記憶を掘り起こし、残していくことです。

IMG_3365

この沿岸部の手書き地図には、カラフルな付箋紙で来場者が書いた「地域の記憶」がどんどん付け足されていきます。

「部活で砂浜を走った」
「小学校で初めて運動会に出て1位になった」
「新米ママのとき、子どもとの過ごし方に迷い、園芸センターに良く行っていた」
「〇〇トウフやさん美味しかったな~また食べたい」

など、住民のみなさんの中にある、それぞれの時、それぞれの記憶が、カラフルな形となって描かれていました。

IMG_4451
仙台市沿岸部のみなさんに丁寧に『地域の記憶』を聞いた冊子もあります

実はふたさぽでも、双葉町民のみなさんに震災前の「地域の記憶」のお話を聞いて、それを書き起こす活動を少しずつ始めています。

「双葉町ってどんなところですか?」と町民に聞くと、
「何にもねぇ」と返ってくるのですが、いえいえそんなことはありません。

じっくりお話を聞いていくと・・・

「うん。新山町。あっただい、元は。今はねぇだはぁ。」(双葉町に昔は映画館があった!)
「大変な忙しがったんだど。ほんでもやってきたよ。ずっと。」(毎日何千個も給食のパンを焼いてた!)
「ミットなんか無いから手だろうね、手でこう。三角ベースっていって、1塁と3塁しか無くて、あとホームベース。」(小さい頃、稲刈りが終った田んぼで野球をしていた!)

みなさんのペースで語られる記憶には、

その人がどんなことが辛くて、何が楽しかったのか。
そのときどんな風に話して、何を想ったのか。
周りにはどんな人がいて、何を伝えてきたのか。
双葉町がどんな景色や空気の場所だったのか。などがたくさん含まれているな~と思います。

そんなみなさんの中にある「双葉の記憶」を聞くと同時に、その人の「人生のあらすじ」を聞いていくようで、とても面白くて、大切にしなくてはいけないものだと実感しています!

IMG_3345
仙台の海です!

ふたさぽメンバーに会った際は、ぜひ「双葉の記憶」を聞かせてください。

(ふたさぽ 芳門)

【みんな大好き山野草!】

みなさんこんにちは。
ふたさぽの安谷屋です。
いつも「ふたさぽブログ」をお読みくださりありがとうございます!
そのふたさぽブログで9月27日にご案内の通り、今年も福島県郡山市といわき市の2会場で町民作品展覧会が実施されました。

今日はそのいわき会場で展示された山野草について書きたいと思います。

20161030_144548
人気の山野草コーナー

30点ほどが並ぶ山野草のコーナーは、来場者のほとんどが足を止め、見事さにほれぼれしたり、懐かしさで他の来場者に声をかけたりしていきます。その様子から、双葉町民はもちろんですが、それ以外の来場者のみなさんも、植物に関心が高く、名前や育て方をある程度ご存知なのがわかります。出品者のKさんも交えて、育て方やもともとどの地域の山野草なのかなど、話が盛り上がっているシーンを何度も見ました。展示された草木とそれについてのやりとりを少しだけご紹介します。

安谷屋「Kさん、これは何て言うんですか?」 Kさん「マユハケだ」
安谷屋「Kさん、これは何て言うんですか?」 Kさん「マユハケだ」
来場者「この部分はどうやって作ってるんですか?」Kさん「普段は土に被ってる根っこだ」 来場者「じゃ、土を取り除いて見せてるんだ~へぇ~」
来場者「この部分はどうやって作ってるんですか?」 Kさん「普段は土に被ってる根っこだ」 来場者「じゃ、土を取り除いて見せてるんだ~へぇ~」

可愛がって育てた山野草について、ああでもないこうでもないと言いながら紹介するKさんはとてもたのしそうで生き生きして見えました。そして改めて、双葉のみなさんの生活が畑の作物や草花にいかに彩られていたのかに想いを馳せました。

草花の名前に明るくなく、枯れずに植物の世話をするのが苦手な私ですが、身近にグリーンを置いてみたくなりました。
冬に向かう今の季節、どんな植物が適しているのか、早速調べてみようと思います。

ふたさぽ安谷屋

【ダルマさんのアレコレ】

前回のブログでもチラリと登場していた「ダルマ」ですが、双葉町といえばダルマの町として広く知られています。合格祈願や選挙での必勝祈願、商売繁盛のご利益もあると言われているダルマ。知らぬ間に床の間や飾り棚に飾られていたり、お土産で頂いたりすることもありますよね。
そして双葉町民にとってはとても身近な存在です。
中でも年明け1月に開催される「双葉町ダルマ市」は町を象徴したお祭りですね。
このコロッとしたフォルムにキリッとした眉毛に髭、独特な雰囲気のダルマ。
身近な存在なのに、実はあまりよく知らないこの「ダルマ」を、ふたさぽ鈴木が調べてまいりました。

【気になる点① 名前の由来は?】
中国に達磨大師(だるまたいし)という仏教禅宗の開祖である高名な僧侶がいたそうです。彼には修行のためなんと9年間、壁に向かって座禅を行ったため手足が腐って無くなってしまったという伝説があり、そのため達磨大師の置物にも手足がなかったそうです。達磨大師をモチーフに作られた置物が日本に伝わり、日本古来の「起き上がり小法師」との融合を経て現在の「ダルマ」になったそうです。

【気になる点② 色や模様に意味はあるの?】
ダルマの色といえばやはり「赤」だと思います。この「赤」ですが、古来から魔除けの効果があると言い伝えられてきたそうです。病や災いから身を守る色として古くから伝わる色で、神社の鳥居やお赤飯などなど…赤を使ったものは多いですね。
またダルマの特徴的な顔立ちにも、ちゃんと理由がありました。
(眉毛→鶴、髭→亀、目の周りの枠→竹、鼻の穴→梅)を意味しているそうです。
ちなみに、双葉ダルマには2種類あります。
1つは「太平洋、町の花である桜、町の鳥キジの羽」をモチーフにした「太平洋ダルマ」。
もう1つは「金色の町章、笹の模様」をモチーフにした「町章ダルマ」です。
現在でも1つ1つ丁寧に絵付けされているこのデザインのダルマは、双葉ダルマ市でも販売され、30年ほど前から町内で作られ始めたそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
(向かって左から、太平洋ダルマ・町章ダルマ)デザインはJA福島さくら女性部双葉支部ダルマ部会の皆さん

【気になる点③ 目入れってなんだろう】
目入れはダルマの目に黒目を入れることですが、片目だけ入った状態を「開眼」と呼び、両目に黒目が入った状態が「満願」と言うそうです。右から入れる地域、左から入れる地域とあるようです。
目入れをするタイミングは願いごとをする時です。願いが叶ったら残りの1つへ目入れをし満願となります。
そして無事、役目を終えたダルマはどんど祭などで焼き上げるか、神社・寺院に納めお焚き上げをしてもらい、天へお返ししお納めするそうです。

%e5%a4%aa%e5%b9%b3%e6%b4%8b%e3%83%80%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%80%80%e9%96%8b%e7%9c%bc2
目入れを行い「開眼」となった太平洋ダルマ

家内安全、無病息災、商売繁盛、合格祈願に必勝祈願・・・
今後皆さんもダルマの活躍を目にすることがあると思いますが、是非一度そこに描かれている意味を考えてみてはいかがでしょうか。まずは少しだけ、そのお顔を眺めてみることから始めるものいいですね。
今回はダルマについてアレコレと調べてみましたが、今後も引き続きふたさぽの活動の中で見つけた「双葉町のこれはっ…!?」なるものを皆さんへご紹介できればと思います!

ふたさぽ鈴木

 

【聞いてみました!~双葉町の盆踊り】

こんにちは!ふたさぽ山下です。
長かった夏も終わり、いよいよ9月。みなさんはこの夏、どんな楽しい思い出を作りましたか?

私は、取材で訪れた各地の盆踊り大会がとても印象に残っています。
「ふたば音頭」「双葉盆唄」に合わせて輪になって踊るみなさんの姿…鮮やかな浴衣やピンクの法被の輪はまるで花のようで、とても美しかったです。

盆踊りを取材する中で、双葉町で行っていた盆踊りってどのような感じだったのだろう?と思いました。

「行政区ごとで盆踊りに特色があるのかな?」
「双葉にいたときの盆踊りの思い出も聞きたいな」

興味があることをすぐ調べたくなる、人に聞きたくなる性格の私は、数人の町民のみなさんに双葉町で行われていた盆踊り大会についてお聞きしました!

「双葉にいた頃は、路上でも踊っていたんだよ。婦人会で出たときは、みんなで浴衣を揃えたりしてね。あのときは若かったねぇ(笑)」
「僕が住んでいた行政区では、手書きのポスターを作ってお知らせをしていたんだよ」

双葉町では行政区ごとだけでなく、2年に1度「路上流し盆踊り」という町全体の盆踊りを実施していたそうです。また、行政区ごとの盆踊り大会の後は、反省会を開いて、それはそれは盛り上がったとのお話も聞きました。
思い出を話すみなさんの表情はとても楽しそうで、いつか私も双葉町の盆踊り大会に参加してみたいなと感じました。

今回、盆踊り大会の話を聞いて、また一つ双葉町について知ることができました。しかし、この仕事をはじめてまだ5カ月の私は、まだまだ双葉町の知識が足りません。
これからも町民のみなさんからお話を聞いて、もっともっと双葉町について勉強したいと思います!

ふたさぽ 山下