【浜の思い出、教えてください!】

みなさんこんにちは。ふたさぽ芳門です。

もう10月…今年もあと3か月をきりました。
そのことに気づいて驚いた10月1日(日)、若者グループ「ぐるぐるユニット」として、東京で開催された「避難者と支援者による第3回ふれあいフェスティバル」に参加してきました。

今年の双葉町ダルマ市でもよっちゃんスルメを販売し、双葉町のみなさんにお会いしたぐるぐるユニットですが、現在作成中なのがこちら↓

22243480_2072266956335523_1207166914_o

その名も「おらだちの浜っぷ」です。

浪江町、双葉町、大熊町、富岡町の4町を、町民みなさんの思い出とイラストでいっぱいにしよう!と始まった地図づくり。
イラストを描いてくれるのは、大熊町・双葉町出身のイラストレーターさん2人。

そして、そこに思い出を加えてくれるのは、会場に来てくれたみなさん!

「おらいのうちはこのへんだ!」
「海でアイナメを釣った」
「幼稚園で花笠音頭を踊った」など

その方が小さいときのことや、子育てをしていたときのこと、仕事をサボったときのことなど様々で、イラストも、思い出もカラフル。

22215300_2072266966335522_675070694_n
伺った思い出は、付箋に書いてマップに貼っていきます

そして今回は、とみおか子ども未来ネットワークが行う聞き書き事業「おせっぺとみおか」に参加するメンバーのみなさんにも協力してもらい、ぐるぐるユニットメンバーを含め、若者の力を全投入で取り組みました!ありがとうございました!

参加メンバーからは、

「ブースに来てくれた方が、思い出話に盛り上がってくれる姿をみて、ほっこりした」
「知らない人と話すのは苦手だけど、こうゆう場に来れて、同じ町の人と話すことができて良かった」
「双葉の話を気兼ねなくできる場が無いので、参加できて本当にうれしかった」
「なかなか同世代で町のことを話す機会がないので、はるばる来て良かった(兵庫県から!)」

などの声があり、今はなかなか機会の無い、「ふるさとを誰かと語ること」を、若者と、会場のみなさんと、することができました。

 

そして、この「おらだちの浜っぷ」作成にあたって参考に致しました「仙台沿岸イラストマップ」を作成しているせんだい3.11メモリアル交流館さん、
イラスト資料を、快く提供をしていただいた浪江町、双葉町、大熊町、富岡町の役場の方々、
本当にありがとうございます。

今後、この「おらだちの浜っぷ」はまだまだ、みなさんの町の思い出を集めるべく、お祭りなどのイベントへの参加を予定しています。
見かけた際は、是非、お話聞かせてください。

22215322_2072266969668855_1250776228_n
ぐるぐるユニット代表!

ふたさぽ 芳門(よしかど)

広告

『双葉の記憶』はなんですか?

みなさんこんにちは。ふたさぽ芳門です。

先日、宮城県仙台市にあるせんだい3.11メモリアル交流館に行ってきました。

IMG_3352

ここは東日本大震災を知り、学ぶための施設です。震災発生から住民がどのように避難し、生活を立て直してきたか、そのときの様子や教訓となる展示がされていました。

 

そして、もうひとつの役割がこの施設にはありました。
津波に流されてしまった仙台市沿岸地域の、震災より前から続いてきた暮らしの記憶を掘り起こし、残していくことです。

IMG_3365

この沿岸部の手書き地図には、カラフルな付箋紙で来場者が書いた「地域の記憶」がどんどん付け足されていきます。

「部活で砂浜を走った」
「小学校で初めて運動会に出て1位になった」
「新米ママのとき、子どもとの過ごし方に迷い、園芸センターに良く行っていた」
「〇〇トウフやさん美味しかったな~また食べたい」

など、住民のみなさんの中にある、それぞれの時、それぞれの記憶が、カラフルな形となって描かれていました。

IMG_4451
仙台市沿岸部のみなさんに丁寧に『地域の記憶』を聞いた冊子もあります

実はふたさぽでも、双葉町民のみなさんに震災前の「地域の記憶」のお話を聞いて、それを書き起こす活動を少しずつ始めています。

「双葉町ってどんなところですか?」と町民に聞くと、
「何にもねぇ」と返ってくるのですが、いえいえそんなことはありません。

じっくりお話を聞いていくと・・・

「うん。新山町。あっただい、元は。今はねぇだはぁ。」(双葉町に昔は映画館があった!)
「大変な忙しがったんだど。ほんでもやってきたよ。ずっと。」(毎日何千個も給食のパンを焼いてた!)
「ミットなんか無いから手だろうね、手でこう。三角ベースっていって、1塁と3塁しか無くて、あとホームベース。」(小さい頃、稲刈りが終った田んぼで野球をしていた!)

みなさんのペースで語られる記憶には、

その人がどんなことが辛くて、何が楽しかったのか。
そのときどんな風に話して、何を想ったのか。
周りにはどんな人がいて、何を伝えてきたのか。
双葉町がどんな景色や空気の場所だったのか。などがたくさん含まれているな~と思います。

そんなみなさんの中にある「双葉の記憶」を聞くと同時に、その人の「人生のあらすじ」を聞いていくようで、とても面白くて、大切にしなくてはいけないものだと実感しています!

IMG_3345
仙台の海です!

ふたさぽメンバーに会った際は、ぜひ「双葉の記憶」を聞かせてください。

(ふたさぽ 芳門)

【おしゃべりは心の栄養】

みなさん、こんにちは。ふたさぽ埼玉チームの飯嶋です。
毎日暑いですね!拠点のある埼玉県加須市では、すでにセミの鳴き声が聞こえています。。

今回は、活動の中で出会った、年長者のみなさんのことを少しご紹介したいと思います。

先日80代の町民のお宅へ、80代の町民のみなさん数名が集まるということで、くっついて行ってきました。

これまでも80代、90代の町民のみなさんが集まる機会をつくるため、すこーしサポートをしてきましたが、今回で3グループ目の集まりでした。

震災後、避難所を出て以来の再会、会いたい人にやっと会える喜び、会えない期間は人それぞれですが、毎回抱き合いながら涙するみなさんの姿に、こちらまでつい涙がでてきます。

双葉にいたら、「今日は〇〇ちゃんとこ行ってくっかなぁ」「その辺歩ってれば誰かに会うんだわ」「お茶飲みさこ~」なんて、自分の意志で、自由に行き来し合っていたみなさん。
震災後は、避難先地域に同じ双葉の人がいなければいないほど、また年を取れば取るほど、会える機会は減っているのが現状です。

誰かに会うとなれば、まず連絡先をどうにか手に入れるところからスタートです。
その後も、高齢であるほど、誰かの協力が必要(一人で出歩くのは不安なため)となり、日程調整も何人もとやり取りをしてやっと決まります。そしてやっと会える。

ただ会うだけなのに、いくつものハードルがあります。

だからこそ、会った時の喜びは、人一倍なのかもしれません。

会いたい人と会うことや町民同士で話す機会が少ない人ほど、会ったときには、
「なんでこんなところで生活しなきゃいけないんだろう」
「双葉の匂い、空気、環境、我が家…あの場所にいきたい」
「懐かしい人と話してると、双葉が恋しくなる。帰りたい・・・」など、戦争を経験して、双葉という土地を守ってきた年代のみなさんにとって、双葉は特別な場所であり、双葉を想う気持ちは止まらなくなります。

でも、時間が経てば、だんだんと、双葉での楽しい思い出話に花が咲き、
「いや~なつかしい」
「あの頃は楽しかったな~。今度また〇〇さ行ってみっか!」
「最初は行くのどうしようかと思ったけど、やっぱ外出るのはいいな~。今度は〇〇ちゃんちさいこう」など、大笑いしながら、前向きな言葉も飛び交います。

やえちゃん
写真をみながら懐かしそうに話す80代町民の手

みなさんそれぞれに、想いを持っていること、双葉の皆さんにお会いする度に感じます。
こうやって、いろんな話をして、思いっきり笑って、日々を過ごすことが何よりの心の栄養になるのだと教えていただきました。

年長者の想い、また年長者を支える家族の想い、それぞれの立場はあるものの、こういった家族会を通して、お互いの想いに触れ、感謝しながら生活している様子が伝わってくる、そんな瞬間に立ち会っていると、ふたさぽになってよかったなという思いになります。

これからますます暑くなる毎日。
家に引きこもってばかりいないで、たまには外の空気を吸って、人とおしゃべりして、笑って、心を健康にすることも大切なことなのかもしれないですね。

(ふたさぽ 飯嶋)

【双葉町民的ガイド本!?】

みなさんこんにちは。ふたさぽ芳門です。

先日、町民の方におすすめしてもらい、「大桑原つつじ園(須賀川市)」に遊びに行ってきました!

IMG_3311

園内には、ツツジはもちろん、シャクヤク、シャクナゲ、藤の花がちょうど満開で、どこを見ても色とりどりの花が!

遊歩道が続いているので、飽きることなく散歩気分で楽しめて、良い休日を過ごすことができました。

IMG_3299
ツツジは白色から先に咲いて散っていくそうです。 ↑まさにそうですね

今回のように町民のみなさんから、今住んでいる地域の“おススメの○○”を教えてもらうことがよくあります。

「○○公園はもうちょっと経つと、バラがすごい綺麗なんだよ」
「あそこのワンタンメンはスープが美味しい」
「今住んでいるところは桃畑がいっぱいあって、桃の花が咲くと綺麗なの。んだから写真撮りさいくの」
「○○まで行くんだったらその道をずっと行った方が近いよ」
などなど。

双葉町のみなさんは、避難によって県内外各地に散らばって住んでいますが、

福島市にいる町民の方に聞けば、県北地域のおススメを、
白河市にいる町民の方に聞けば、県南地域のおススメを、
さらには栃木県、山形県など県外のおススメを教えてもらうこともあります。

季節ごとの自然が綺麗なところや、おいしいお店、近道など、よく知ってるな~と思います。

もし、双葉町民のみなさんの“おススメの○○”を聞いてマップを作ったら、それだけで立派なガイド本になるのではないかと妄想するほどです!

そしてそのおススメを教えてくれるとき、みなさんは本当に楽しそうです。
今住んでいる地域の良いところを見つけて、地域を好きになっていくことも大事なことだな~と思いました。

IMG_3286

私も、4月からいわき市に引っ越してきたので、いわきの良いところを発掘して、どんどんいわきを好きになろうと思います!!

(ふたさぽ 芳門)

【ふたば交流広場によってけぇ~】

みなさん、こんにちは。ふたさぽ埼玉チームの飯嶋です。
新年度になってあっという間に1ヵ月が経ち、気づけばもう5月ですね。

今回は、埼玉チームの事務所でもある「ふたば交流広場」のことを、少しご紹介したいと思います!

IMGP8238
ふたば交流広場の玄関(お花でお出迎え)

私たちふたさぽ埼玉チームは、関東各地をあっちこっちと回っているのですが、どこにも出歩かない日は、ふたば交流広場でお仕事をしています。

ふたば交流広場は、埼玉県加須市にある町民交流施設で、2014年8月18日に開所しました。今年で丸3年になります。

私の活動当初は、足音一つしない貸し事務所にポツンといたのですが(笑)、活動2年目からこのふたば交流広場に引っ越し、にぎやかになり、臨時職員のお二人にも支えられながら活動しています。

ふたば交流広場では、男の料理教室やママサロン、子ども勉強会、卓球など、様々な活動の場として、町民のみなさんに利活用されているだけでなく、
ふらっと立ち寄って、おしゃべりをして「またくるね~」と帰っていく、そんな気軽に寄れる休憩所のような存在でもあります。


最近では、交流広場の外に「プチ農園」が出来上がっており、毎日ぐんぐん成長する野菜たちがかわいくてたまりません!


臨時職員のお二人の力、遊び心で、ふたば交流広場は盛り上がっています。

普段あっちこっちへ飛び回っている中、このふたば交流広場で仕事をする日はとても心が休まります。
臨時職員のお二人の人柄に触れたり、私たちふたさぽの顔をのぞきにきたり、
加須市や埼玉支所に来られた際には、ぜひふたば交流広場にもお立ち寄りください♪
いつでもお待ちしております!

ふたば交流広場
埼玉県加須市中種足16-2
(梨の撰果所のすぐ近くです。夏になるとおいしい梨を販売する施設の横です!)

(ふたさぽ 飯嶋)