【ふたば×ならは スタディツアー案内】

みなさんこんにちは。
ふたさぽの安谷屋です。
2017年最初の更新となりますのでまずは、
みなさま、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

さて今回は、ふたさぽ主催の「ふたば×ならは スタディツアー」をご案内いたします。
ふるさと双葉町の今とこれからについて、町を見てそこで活動している町民と話して、一緒に考えてみませんか?
同じ町でも家族と一緒に一時帰宅をするときとは違って見えたり、楢葉町の姿から将来の双葉町を想像できたりするツアーにしたいと思っています。

ツアーの概要は以下の通りで、詳細はチラシをご覧ください。

◎日程:2017年2月25日(土)~2月26日(日)1泊2日
◎場所:双葉町内(双葉駅前/両竹・浜野地区)、楢葉町内、いわき市内(宿泊)
◎対象:20代~30代の双葉町民、双葉町出身者、双葉町にゆかりのある方
◎募集人数:20名
◎参加費:8,000円
◎内容:初日は2015年9月5日に避難指示が解除された楢葉町の今の様子を見たり、帰還して町内で生活している方に話を聞いたりして、帰還後の先行事例を学びます。その後いわき蟹洗い温泉に宿泊し、参加者同士いろいろな想いをシェアし合いましょう!そして2日目は、双葉町復興まちづくり計画について役場職員さんから説明を受けたり、双葉町民の方に町内(双葉駅周辺)をご案内していただいたりします。最後にいわき市内にて2日間の振り返りを行います。1泊2日の日程ですので、参加者同士で率直な感想や町への想いをシェアし合う時間もたっぷりあります。

お申込み・お問合せは2017年2月17日(金)まで、①メール②電話③ウェブで受付けています!
また疑問点なども気軽に問い合わせてください!!

ふたさぽ安谷屋

広告

【ツナガル~ふたばワールド2016 inかつらお出店~】

こんにちは!ふたさぽ埼玉チームの飯嶋です。
10月2日(日)福島県双葉郡葛尾村にて、ふたばワールド2016が開催されました。これは、震災後、2013年に復活した双葉郡のお祭りです。今年は、復興若者団体ぐるぐるユニットの出店サポーターとして参加してきました!

以前にも、ふたさぽブログでご紹介した、このぐるぐるユニット(過去の投稿はこちら)ですが、今年度の目標はこのふたばワールド2016への出店でした。

今年1月に行われた双葉町のお祭り『ダルマ市』にて出店したことを機に、「若者が、(復興などのために)活動を続けていくことが大切。」と話していた通り、今度は双葉町民だけでなく、もっと色々な町の方と触れ合い、笑顔を届けたいという気持ちから、ふたばワールドへの出店を決めました。

今年度に入り、毎月のように打ち合わせを重ねてきたぐるぐるユニット。今回の出店では、ダルマ市と同様、双葉町の懐かしの味「よっちゃんスルメ」の販売に加え、震災前双葉郡内にあったお店や農園を、震災後に関東圏内で再開した方々を紹介する冊子の配布を行いました。

 

イベント開会時は、初めての出店で、完売するのか、冊子はもらってくれるのか・・・不安な気持ちもありました。しかし始まってみると、頑張る若者を応援する方、よっちゃんスルメのいい匂いにつられて立ち寄ってくださった方、時には、こんなお客さんまで・・・

IMGP6347.JPG
双葉町の新しい仲間『双葉ダルマさん』にもご来店いただきました!

お客さんはひっきりなしにきていました。
おかげさまで、よっちゃんスルメは完売御礼!冊子も目標数を配りきることができました!


イベントでの出店を通して、色々な町のみなさんとふれあい、お互いに交流する機会になっただけでなく、冊子を通して懐かしの顔に出会うことができ、
「いやこのお店よく行ってたのよ~!元気でがんばってるんだね~!」
「あいや~なつかしい~!知ってる顔みるとホッとする~」
「こういう冊子ほしかったんだよ」
など、まさにこの冊子のタイトル通り『ツナガル』場面をたくさんみることができました。

懐かしの味、懐かしの顔、懐かしの思い出話、いろいろなつながりを作ることができた若者のパワーはどんな人にもエネルギーを与える、可能性に満ちあふれた力があります!!!
そんな彼らの活動に刺激を受け、私たち自身も活力をいただきました。これからも若者たちを応援していきたいと思います!

(ふたさぽ飯嶋)

******次回、冊子配布情報******
下記、東京都内で開催されるイベント、『ふれあいフェスティバル』にて配布予定です。
日時:10月23日(日)10:30~15:30
場所:光が丘公園 芝生広場(東京都練馬区、板橋区)
各地に避難している方が一同に集まり、交流するイベントです。お近くの方も、そうでない方も、ぜひ足を運んでみてください♪
更に詳しい情報は、こちらをご覧ください。

 

 

 

【秋といえば、これですね!~第3回双葉町民作品展覧会~】

こんにちは!ふたさぽ小幡(おばた)です。

朝晩はすっかり秋の気配になってきました。秋といえば「スポーツの秋」「食欲の秋」と共に、「芸術の秋」と言われます。10月下旬には双葉町でも震災後、3回目を迎える双葉町民作品展覧会(以下、作品展)が開催されます。

※この動画は、YouTube双葉町公式チャンネルにて公開しています。

以前に投稿したブログでも紹介しましたが、この作品展は町民のみなさんの声が形になったイベントです。第1回、第2回とも、2会場で約200名の町民のみなさんが出品し、たいへん華やかなものとなりました。私自身も2回のサポートをしてみて、出品者や来場者から多くの声を聞きました。

「出品するため、数か月かけて作品を作った。」
「(双葉町体育館といわき会場の雰囲気が似ていたため、)ダルマ市の時の美術展を思い出した。」
「作品展に来れば、双葉の人と会えると思った。会えてうれしかった。」
「作品を作るのに張り合いが出た。来年も出したい。」

また、開催会場の地元のみなさんからも、

「双葉町のつるし雛が展示されると華やかになる。」
「双葉町の人の作品は心に響くものがある。」
「双葉町のみなさんと来年もいっしょにやりたい。」

などの声が聞かれました。

ただ、作品展への出品を楽しみにしているからこそ、昨年出品されたみなさんの中には、「一人1作品では少ないので、出品できる数を増やしてほしい」との要望が少なくありませんでした。その声を受け、今年は「一人2作品」の出品が可能となりました。今回の出品要件の変更で、これまで以上に作品制作に張り合いが出る出品者も増えるのではないかと、今から楽しみです。

今後も工夫を重ね、5回、10回と継続開催することで、以前ダルマ市と同日に双葉町体育館で開催されていた美術展に少しでも近づけるようにしたいですね。

たくさんのみなさんの出品とご来場をお待ちしています!

《第3回双葉町民作品展覧会》
開催時間・場所
〈郡山会場〉 郡山市ビッグアイ6階 展示室
(第29回双葉町総合美術展会場となり)
10月25日(火) 13:00~17:00
10月26日(水) 10:00~15:00
〈いわき会場〉いわき市立勿来体育館 双葉町スペース
(第46回勿来地区総合文化展会場内)
10月29日(土) 9:30~16:30
10月30日(日) 9:30~15:30

ふたさぽ 小幡

 

【ふたさぽ3つの特徴~フレッシュ目線担当者は見た~】

みなさんはじめまして。

2016年4月よりふたさぽの一員となりました鈴木です。今回が初投稿となりますが、どうぞよろしくお願いします。今回のテーマは【ふたさぽ3つの特徴~フレッシュ目線担当者は見た~】です。いわきを拠点に活動を開始してから2カ月が過ぎようとしていますが、その中で発見したふたさぽの特徴を3つご紹介したいと思います。

「ふたさぽってどんな人達なの?」の答えに少しでも近づけたら、と思います!

【ふたさぽの特徴】

■その①「親しみやすさ!」

・ふたさぽと町民の皆さんとのやりとりの中でまず見つけました!ふたさぽの業務内容の1つに「ヒアリング」というものがあります。たとえ初対面の相手でも、初対面でそこまで聞く!?と思うところに、ふたさぽは一歩も二歩も踏み込んだ質問をするのです。この「一歩」が相手の緊張を解き、場を和ませ、相手との距離を縮め、親しみやすさを生み出す要素の1つなのだ、と気付きました。これは、ふたさぽが場の雰囲気作りや、話す内容の段取りを事前に行っているからこそ可能なことで、この「一歩踏み込む」という姿勢を私も吸収し、実践していければと思います。

 

■その②「小さな幸せを見つける名人が多数在籍!

・私は高校卒業までを双葉郡楢葉町で過ごしました。実家では田んぼに畑、畜産も行っていたので、農作業はとても身近な存在でした。祖父母や両親が行っている農作業のイメージは「地味・単調・面白味がない・恰好悪い」でした。ですが、そのイメージが一転する出来事がつい先日起こったのです。

「田植えをするAさん、本当に恰好良かった!ちゃんと自分の田植えの作法があって、所作の一つ一つがとにかく恰好いい!これはこうだから、次はこうと自分のフォームがある!本当に生き生きと作業していた!」とニコニコなふたさぽメンバー。

(田植え姿が恰好いい?!田植えの所作?!)

私にはその視点から両親、祖父母を見る、ということが今までありませんでした。この発言の影響で、震災後避難先でも土いじりを欠かすことなく、庭での野菜作りを楽しんでいる両親の姿が今、とても新鮮に見えています。ふたさぽは地元の人には当たり前すぎて見落としがちなことを、新しい切り口から発見し、そこから小さな幸せに繋げていく名人だと、この時発見しました。この小さな幸せの積み重ねの繰り返しで、今のふたさぽが存在しているのですね。

IMG_0742 (1)
IMG_0732

 

■その③「行動力の塊!」

・ここが一番のポイント!と言っても良いほど行動力のあるメンバーが多数集結しています。そしてなんと、アンテナも高く反応もとてもとても速いのです!その行動力とアンテナの高さを生かす為には、町民の皆さんからのヒアリングが必要になります。そのため町民同士の交流の場を設けることも、ふたさぽの大事な活動の1つ。

6月には、南相馬市で「双葉の男料理教室」を開催します。料理に興味がない、ただ双葉町の人と話したいだけ、という方にも是非参加して欲しいイベントの内容です。こういったイベントに参加して頂いた町民の皆さんからヒアリングを行い、参加者全員でアイディアを出し合い、次へ展開する、輪を広げるサポートがふたさぽの活動なのです。

20160611_南相馬男の料理教室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回私が見つけた特徴はごく一部で、これからの活動の中で見つけるであろう、ふたさぽの特徴がどのような形で町民の皆さんへ届いていくのか、また私自身がふたさぽの一員として、ふたさぽの特徴を私なりにカスタマイズし双葉の輪を広げる一助となるよう、日々の活動を行っていきたいと思います。

ふたさぽ 鈴木

猪苗代湖

【想いがつながる場所、双葉町ダルマ市】

あけましておめでとうございます。ふたさぽ山根麻衣子です。
今年もふたさぽブログをよろしくお願いします!

双葉町の1月と言えば、「双葉町ダルマ市」。毎年1月の第2土・日曜日に行われる伝統的なお祭りです。
震災前は、双葉町のほぼ中心に位置する長塚地区で行われており、双葉町はもちろん、近隣の町からもたくさんの人が訪れていたそうです。
震災後はその長塚地区の消防団員である若手を中心とした団体「夢ふたば人」がダルマ市の運営を継承しています。震災の翌年から、いわき市南台応急仮設住宅のイベント広場で開催を続けており、今年の開催は今週末の1月9日(土)10日(日)です。
20151207_0109darumaichi_01

今年の目玉は何と言っても、5年ぶりに復活する「巨大ダルマ引き合戦」です!
「巨大ダルマ引き合戦」は、綱をくくりつけた巨大ダルマを、南北から約100人ずつで引き合い、勝敗でその年の運勢を占うものでした。北が勝てば豊年満作、南が勝てば商売繁盛。ダルマ市の目玉イベントの一つだったそうで、巨大ダルマの大きさは高さ4メートル、重さ1トン!あまりに大きいために、震災後双葉町から持ち出すことができなかったのです。
その巨大ダルマが双葉町観光協会によって新調され、今回のダルマ市で5年ぶりに「巨大ダルマ引き合戦」が復活することになりました。(「巨大ダルマ引き合戦」については、12月15日に発行された「ふたばのわ」第26号でも特集されています)
震災前に当たり前にあったものが復活するのは、ふるさとを身近に感じることのできる大きな出来事で、とても大事なことだと、活動していてつくづく感じています。ですので、復興支援員の私にとっても、この復活はとてもうれしいことです。

ダルマ市には去年初めて参加しましたが、「遠いけど来てよかった!」と旧友との再会に涙を浮かべる人、「子どもたちにダルマ市を見せたかった」とダルマ市の盛会を喜ぶ人、「今は離れているけれど、ふるさと双葉町のために何かしたい」と駆けつける人、たくさんの想いに出会い、胸が熱くなりました。
場所はいわきでも、双葉を思うみんなが集まればそこは双葉町。
今年もたくさんのみなさんの想いがつながる場所になりますように。

双葉町公式チャンネルより、去年のダルマ市の様子

追伸
ふたさぽはダルマ市の2日間、双葉の若者たち「ぐるぐるユニット」のブースサポートをします!
双葉町の幻の味!?「ふたばのよっちゃんスルメ」の販売やダルマ市に来た人をつなぐメッセージカードブース、双葉町写真展「HOME TOWN」の開催など、ぜひこちらもお楽しみに。

ふたさぽ 山根麻衣子