【浜の思い出、教えてください!】

みなさんこんにちは。ふたさぽ芳門です。

もう10月…今年もあと3か月をきりました。
そのことに気づいて驚いた10月1日(日)、若者グループ「ぐるぐるユニット」として、東京で開催された「避難者と支援者による第3回ふれあいフェスティバル」に参加してきました。

今年の双葉町ダルマ市でもよっちゃんスルメを販売し、双葉町のみなさんにお会いしたぐるぐるユニットですが、現在作成中なのがこちら↓

22243480_2072266956335523_1207166914_o

その名も「おらだちの浜っぷ」です。

浪江町、双葉町、大熊町、富岡町の4町を、町民みなさんの思い出とイラストでいっぱいにしよう!と始まった地図づくり。
イラストを描いてくれるのは、大熊町・双葉町出身のイラストレーターさん2人。

そして、そこに思い出を加えてくれるのは、会場に来てくれたみなさん!

「おらいのうちはこのへんだ!」
「海でアイナメを釣った」
「幼稚園で花笠音頭を踊った」など

その方が小さいときのことや、子育てをしていたときのこと、仕事をサボったときのことなど様々で、イラストも、思い出もカラフル。

22215300_2072266966335522_675070694_n
伺った思い出は、付箋に書いてマップに貼っていきます

そして今回は、とみおか子ども未来ネットワークが行う聞き書き事業「おせっぺとみおか」に参加するメンバーのみなさんにも協力してもらい、ぐるぐるユニットメンバーを含め、若者の力を全投入で取り組みました!ありがとうございました!

参加メンバーからは、

「ブースに来てくれた方が、思い出話に盛り上がってくれる姿をみて、ほっこりした」
「知らない人と話すのは苦手だけど、こうゆう場に来れて、同じ町の人と話すことができて良かった」
「双葉の話を気兼ねなくできる場が無いので、参加できて本当にうれしかった」
「なかなか同世代で町のことを話す機会がないので、はるばる来て良かった(兵庫県から!)」

などの声があり、今はなかなか機会の無い、「ふるさとを誰かと語ること」を、若者と、会場のみなさんと、することができました。

 

そして、この「おらだちの浜っぷ」作成にあたって参考に致しました「仙台沿岸イラストマップ」を作成しているせんだい3.11メモリアル交流館さん、
イラスト資料を、快く提供をしていただいた浪江町、双葉町、大熊町、富岡町の役場の方々、
本当にありがとうございます。

今後、この「おらだちの浜っぷ」はまだまだ、みなさんの町の思い出を集めるべく、お祭りなどのイベントへの参加を予定しています。
見かけた際は、是非、お話聞かせてください。

22215322_2072266969668855_1250776228_n
ぐるぐるユニット代表!

ふたさぽ 芳門(よしかど)

広告

【家族っていいな】

みなさん、こんにちは。ふたさぽ飯嶋です。

今回は活動の中で、双葉のみなさんから聞いたお話を少しだけ。

みなさんは、今どなたと暮らしていますか?
私はふたさぽのお仕事をするため、一人暮らしをしています。当初は一人暮らしに憧れていましたが、双葉のみなさんのお話を聞くと、「家族っていいな~」「こんな生活いいな~」なんて思うこともあります。

震災前は、3世代、4世代、家族みんなで過ごしていた人が多かったのが、震災後、家族が離れ離れで暮らすことを余儀なくされた方もいると思います。
しかし、大きな変化が起きてしまった中でも、双葉のみなさんが考える家族・家庭の姿には、とっても心があったまります。そんな心温まる瞬間を、少しご紹介したいと思います。

<夫婦像>
「母ちゃんいねぇと、食器の場所もわかんねぇんだな」
「うちの母ちゃん、嫁にきたんに、おれよりずっと〇〇家のこと知ってんだから、たいしたもんだ」
「うちの母ちゃんはおっかない!」けど実は…「母ちゃんいないと生きていけねぇ」と奥さんの知らないところで語る旦那さん。
「お見合いで結婚したって、こうやって50年以上一緒にいんだ。笑」

<家族像>
「娘は友達みたいなもんだ」
「なんだかんだと呼ばられっちぇ、娘さのとこいかなっかなんね。孫守だ、まったくどうしようもねぇなぁ。笑」
「震災のとき、これからどうしようかみんなパニックだった。そんなとき、孫の笑顔にうんと癒されたんだ。孫は宝だ」
「子どもが結婚して、孫ができて。でも変わらず子どもたちが仲良し。バラバラに住んでいても大家族みたいなもんだわ」
「お姑さんては、うんとすごい人だった。でもね、最期までみとれて感謝している」
「子どもが小さいとき、お義母さんがいなかったら育てらんなかった」
「(息子さんから家を建ててほしいと言われた際)お盆に帰るうちとか、自分にとっての実家がやっぱり欲しんだべなぁ、若い人は」
「家族ってね、やっぱりいいもんだよ」

他にもまだまだありますが、町民のみなさんから聞いた言葉はどれもあったかくて、こんな夫婦っていいな、こんな家族って素敵だなって思います。
それはきっとみなさんは意識していない自然のことで、ふたさぽだから気づいてしまった発見なのだと思います。そこがまた素敵さを増しています。

空気のような存在であり、でも言葉では表せないつながりがある存在でもあり、そんな風に自然と同じことを思ってる人の集まりが家族であり、その人の居場所にもなっていくのが家庭なのかなと思いました。

これからも将来の自分の人生の糧にするため、町民のみなさんの素敵な姿を盗んでいきたいなと思います。

IMGP8875
双葉町埼玉自治会盆踊り。夫婦、親子、孫などみんな勢ぞろいしました。

(ふたさぽ 飯嶋)

 

【ふたさぽコミュニティチーム記念日~5年目に入りました】

みなさん、8月12日が何の日かご存知でしょうか?

4年前の今日、ふたさぽコミュニティチームが活動を開始したので、いわゆる「ふたさぽコミュニティチーム記念日」です。

昨年は山根光保子が3つのキーワード「★走りながら考える」「★テレビ会議」「★町民の声」とともに活動を振り返りました(2016年8月18日の日記)。

今年は安谷屋が、ふたさぽコミュニティチームの人数変遷とともに振り返ってみたいと思います。

 

▶ふたさぽコミュニティチームの人数変遷一覧 (広報ふたば紹介文は①~⑩の数字をクリックするとご覧になれます)

年月

参画

卒業

人数

広報ふたば

紹介文掲載号

出来事

2013年8月

小林、芳門

2

10月号 

いわきと郡山で

活動開始

2013年9月

小幡、

山根光保子

4

10/11月号 

2013年11月

田村

5

12月号 

ふたばのわ 

第1号創刊 

2013年12月

安谷屋

6

1月号 

2014年3月

田村

5

2014年4月

飯嶋

6

5月号 

加須拠点誕生

2014年5月

小野

7

6月号 

2014年8月

西田

8

9月号 

2014年9月

山根麻衣子

9

10月号 

2015年1月

秋元

10

2月号 

2015年3月

西田

9

2016年3月

小林、小野、

山根麻衣子

6

2016年4月

鈴木、山下

8

5月号 

2017年3月

小幡、山下、安谷屋※1

5

郡山拠点での

活動終了

※1 ふたさぽは卒業しましたが、2017年4月以降も双葉町復興支援員事業に携わっています 

※2 山根光保子、鈴木が育児休業中のため、実働は3人です 

 

こうして一覧にしてみると感慨深いものがあります。参画時に広報ふたばに掲載された記事を久しぶりに見直すと、文章や写真の表情から参画に当たっての意気込みが改めて伝わってきます。一覧に記載した「出来事」以外でも、町の事業として、町民交流施設が郡山、加須、いわきに開設されたこと、タブレット事業がスタートしたことなどがあり、いろいろ思い出します。

これまで、町民のみなさんには、ヒアリングや取材に行った先で少しずつ、私たちの活動を知っていただいたり、何が必要かを考えるヒントをいただいたりしてきました。そのような日々の中、時には厳しいご意見もいただきますが、いつも温かく自分の子どもや孫のように心配してくださったり、貴重なお話を聞かせてくださったりすることが、とてもありがたく私たちの活動のエネルギーになっています。

2017年8月13日から、ふたさぽコミュニティチームの活動は4年目に入りました。私たちはこれからもきっと毎日、新しい双葉を発見しその度にまた双葉を好きになりながら、活動を続けていきます。

元ふたさぽ 安谷屋貴子

 

ふたさぽロゴマーク

「コミュニティ支援」からみえるもの

みなさんこんにちは。元ふたさぽの安谷屋です。

梅雨時期、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

今日は普段「コミュニティ支援」という仕事をしながら思うことを綴ってみたいと思います。

コミュニティ支援をしていると、私自身の家族、とくに亡くなった二人の祖母のことをよく考えます。

それは町民のみなさんが私たちにいろいろなお話をしてくださるからです。

娘時代たのしみにしていたこと、お嫁に行った先の苦労、お嫁さんがよくしてくれることへの感謝などなど。

笑ったりときには涙を流したりしながらのお話しを聞きながら、こんな風にゆっくり詳しく、祖母に話を聞いたことはなかったなと、少しさびしく申し訳ない気持ちになることがあります。


父方の祖母は沖縄県宮古島で
95歳まで生きましたが、神奈川県に住んでいた私が祖母と一緒に過ごすことができた時間はわずかでした。

昭和2年生まれの母方の祖母は概ね神奈川県内で暮らし、3年ほど前に亡くなりました。父方の祖母よりは近くに住んでいたので、もっともっと会いに行くことはできたはずでしたが、年齢が上がるに連れ訪ねることは減っていました。

2人ともに娘時代があり、結婚し子どもを産み、配偶者を看取り、また戦争も経験しています。どのように暮らし、何に喜び、何に苦労したのか…

 

双葉町のみなさんから、「双葉にいたときはね」と、日々の暮らしについて聞いたり、家族のお話を聞いたりする中で、コミュニティとか家族とか、私たちが大切に思っているものについて考えるようになり、「どうして私は祖母たちからもっと話を聞いておかなかったんだろう」と思うようになったのです。

これまでもブログに書いたことがありますが、「コミュニティ支援」と言いながら、やっぱり私自身が双葉のみなさんに「支援」されています。暮らしや家族の大切なものが何なのか、いつも双葉町のみなさんからヒントをいただいたり教えていただいたりしています。その感謝を胸に、少しくらいは恩返しができるよう仕事していきます!引き続きよろしくお願いいたします。

Photo_17-06-22-16-22-17.231
お話しを聞かせてくださるみなさんは、背中も語ります!

(元ふたさぽ 安谷屋貴子)

【ふたば交流広場によってけぇ~】

みなさん、こんにちは。ふたさぽ埼玉チームの飯嶋です。
新年度になってあっという間に1ヵ月が経ち、気づけばもう5月ですね。

今回は、埼玉チームの事務所でもある「ふたば交流広場」のことを、少しご紹介したいと思います!

IMGP8238
ふたば交流広場の玄関(お花でお出迎え)

私たちふたさぽ埼玉チームは、関東各地をあっちこっちと回っているのですが、どこにも出歩かない日は、ふたば交流広場でお仕事をしています。

ふたば交流広場は、埼玉県加須市にある町民交流施設で、2014年8月18日に開所しました。今年で丸3年になります。

私の活動当初は、足音一つしない貸し事務所にポツンといたのですが(笑)、活動2年目からこのふたば交流広場に引っ越し、にぎやかになり、臨時職員のお二人にも支えられながら活動しています。

ふたば交流広場では、男の料理教室やママサロン、子ども勉強会、卓球など、様々な活動の場として、町民のみなさんに利活用されているだけでなく、
ふらっと立ち寄って、おしゃべりをして「またくるね~」と帰っていく、そんな気軽に寄れる休憩所のような存在でもあります。


最近では、交流広場の外に「プチ農園」が出来上がっており、毎日ぐんぐん成長する野菜たちがかわいくてたまりません!


臨時職員のお二人の力、遊び心で、ふたば交流広場は盛り上がっています。

普段あっちこっちへ飛び回っている中、このふたば交流広場で仕事をする日はとても心が休まります。
臨時職員のお二人の人柄に触れたり、私たちふたさぽの顔をのぞきにきたり、
加須市や埼玉支所に来られた際には、ぜひふたば交流広場にもお立ち寄りください♪
いつでもお待ちしております!

ふたば交流広場
埼玉県加須市中種足16-2
(梨の撰果所のすぐ近くです。夏になるとおいしい梨を販売する施設の横です!)

(ふたさぽ 飯嶋)