【芋煮会っていいな】

みなさん、こんにちは!ふたさぽ飯嶋です。

紅葉シーズン到来。
あちこちで紅葉が目立ってきた11月。みなさんいかがお過ごしですか?

私は、先日のおやすみに、東京都内で行われた「芋煮会」に参加してきました!
芋煮会、実は私、この仕事について知ったイベントの1つでした。

辞書をひくと・・・
芋煮会とは、日本の主に青森県を除く東北地方各地で行われる季節行事で、秋に河川敷などの野外にグループで集まり、サトイモを使った鍋料理などを作って食べる行事である。

とありました。

山形県ではしょうゆベースに牛肉、福島県ではみそベースに豚肉など、各地域、また各家庭によって味や食材はさまざま。大きな鍋にたくさんの食材を入れてコトコト煮て、それをたくさんの人で囲んで、分けていただく。寒くなってきたこの季節にはたまらないイベントですよね。

以前、ふたさぽの仕事で、仙台市を中心に活動する双萩会さんの芋煮会で、初めて芋煮をいただきましたが、今回はそのときぶりでした。

双葉のみなさんにも、芋煮会の話は聞いたことがありますが、
「同じ釜の飯を食う」ということわざではないですが、やっぱりたくさんの人で鍋を囲み、おしゃべりしながら食べる食事はおいしいですよね。


震災前、隣近所、行政区、町民体育祭など、何かと集まることの多かった双葉のみなさんにとって、1つの場所に集まって何かをすることは、とても重要なことだったのではないかと思います。

震災があったから途切れてしまった縁もあれば、震災があったからつながったご縁もあり、そういう体験や経験を、青空の下、芋煮会などの肩の力を抜いたなごやかな交流の場でお話し、発散することが時には必要なんじゃないかなと感じました。

「支援員」という名がついていながら、いつもお世話になってばかりの私ですが(笑)、私自身ふたさぽを通してつながったご縁はたくさんあり、この芋煮会のイベントもまたその一つでした。

寒くなってくると、つい引きこもりがちになってしまいますが、たまにはお弁当でも持って、外の空気を吸ってみては、いかがでしょうか。

旬の野菜たっぷり愛情たっぷり詰まった芋煮に、とっても心が和んだ休日のひとときでした♪
ごちそうさまでした!

ふたさぽ 飯嶋

広告