【家族っていいな】

みなさん、こんにちは。ふたさぽ飯嶋です。

今回は活動の中で、双葉のみなさんから聞いたお話を少しだけ。

みなさんは、今どなたと暮らしていますか?
私はふたさぽのお仕事をするため、一人暮らしをしています。当初は一人暮らしに憧れていましたが、双葉のみなさんのお話を聞くと、「家族っていいな~」「こんな生活いいな~」なんて思うこともあります。

震災前は、3世代、4世代、家族みんなで過ごしていた人が多かったのが、震災後、家族が離れ離れで暮らすことを余儀なくされた方もいると思います。
しかし、大きな変化が起きてしまった中でも、双葉のみなさんが考える家族・家庭の姿には、とっても心があったまります。そんな心温まる瞬間を、少しご紹介したいと思います。

<夫婦像>
「母ちゃんいねぇと、食器の場所もわかんねぇんだな」
「うちの母ちゃん、嫁にきたんに、おれよりずっと〇〇家のこと知ってんだから、たいしたもんだ」
「うちの母ちゃんはおっかない!」けど実は…「母ちゃんいないと生きていけねぇ」と奥さんの知らないところで語る旦那さん。
「お見合いで結婚したって、こうやって50年以上一緒にいんだ。笑」

<家族像>
「娘は友達みたいなもんだ」
「なんだかんだと呼ばられっちぇ、娘さのとこいかなっかなんね。孫守だ、まったくどうしようもねぇなぁ。笑」
「震災のとき、これからどうしようかみんなパニックだった。そんなとき、孫の笑顔にうんと癒されたんだ。孫は宝だ」
「子どもが結婚して、孫ができて。でも変わらず子どもたちが仲良し。バラバラに住んでいても大家族みたいなもんだわ」
「お姑さんては、うんとすごい人だった。でもね、最期までみとれて感謝している」
「子どもが小さいとき、お義母さんがいなかったら育てらんなかった」
「(息子さんから家を建ててほしいと言われた際)お盆に帰るうちとか、自分にとっての実家がやっぱり欲しんだべなぁ、若い人は」
「家族ってね、やっぱりいいもんだよ」

他にもまだまだありますが、町民のみなさんから聞いた言葉はどれもあったかくて、こんな夫婦っていいな、こんな家族って素敵だなって思います。
それはきっとみなさんは意識していない自然のことで、ふたさぽだから気づいてしまった発見なのだと思います。そこがまた素敵さを増しています。

空気のような存在であり、でも言葉では表せないつながりがある存在でもあり、そんな風に自然と同じことを思ってる人の集まりが家族であり、その人の居場所にもなっていくのが家庭なのかなと思いました。

これからも将来の自分の人生の糧にするため、町民のみなさんの素敵な姿を盗んでいきたいなと思います。

IMGP8875
双葉町埼玉自治会盆踊り。夫婦、親子、孫などみんな勢ぞろいしました。

(ふたさぽ 飯嶋)

 

広告