『双葉の記憶』はなんですか?

みなさんこんにちは。ふたさぽ芳門です。

先日、宮城県仙台市にあるせんだい3.11メモリアル交流館に行ってきました。

IMG_3352

ここは東日本大震災を知り、学ぶための施設です。震災発生から住民がどのように避難し、生活を立て直してきたか、そのときの様子や教訓となる展示がされていました。

 

そして、もうひとつの役割がこの施設にはありました。
津波に流されてしまった仙台市沿岸地域の、震災より前から続いてきた暮らしの記憶を掘り起こし、残していくことです。

IMG_3365

この沿岸部の手書き地図には、カラフルな付箋紙で来場者が書いた「地域の記憶」がどんどん付け足されていきます。

「部活で砂浜を走った」
「小学校で初めて運動会に出て1位になった」
「新米ママのとき、子どもとの過ごし方に迷い、園芸センターに良く行っていた」
「〇〇トウフやさん美味しかったな~また食べたい」

など、住民のみなさんの中にある、それぞれの時、それぞれの記憶が、カラフルな形となって描かれていました。

IMG_4451
仙台市沿岸部のみなさんに丁寧に『地域の記憶』を聞いた冊子もあります

実はふたさぽでも、双葉町民のみなさんに震災前の「地域の記憶」のお話を聞いて、それを書き起こす活動を少しずつ始めています。

「双葉町ってどんなところですか?」と町民に聞くと、
「何にもねぇ」と返ってくるのですが、いえいえそんなことはありません。

じっくりお話を聞いていくと・・・

「うん。新山町。あっただい、元は。今はねぇだはぁ。」(双葉町に昔は映画館があった!)
「大変な忙しがったんだど。ほんでもやってきたよ。ずっと。」(毎日何千個も給食のパンを焼いてた!)
「ミットなんか無いから手だろうね、手でこう。三角ベースっていって、1塁と3塁しか無くて、あとホームベース。」(小さい頃、稲刈りが終った田んぼで野球をしていた!)

みなさんのペースで語られる記憶には、

その人がどんなことが辛くて、何が楽しかったのか。
そのときどんな風に話して、何を想ったのか。
周りにはどんな人がいて、何を伝えてきたのか。
双葉町がどんな景色や空気の場所だったのか。などがたくさん含まれているな~と思います。

そんなみなさんの中にある「双葉の記憶」を聞くと同時に、その人の「人生のあらすじ」を聞いていくようで、とても面白くて、大切にしなくてはいけないものだと実感しています!

IMG_3345
仙台の海です!

ふたさぽメンバーに会った際は、ぜひ「双葉の記憶」を聞かせてください。

(ふたさぽ 芳門)

広告